2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アスガルドランキング アスガルド・ブログ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.12.25 (Fri)

フレイムスラッシュの燃焼発現率

メリー+。:.゚ヽ(*´∀)ノ゚.:。+゚クリスマス

ええ…昨日はバイトでしたとも・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ギルメンさんが最近戦をやっているのを見て、またまた戦をやろうかなぁとか考え中@Chirleyです。
でも、もう全盛期の様には動けないこと間違いなし…w
装備の選択性とか、剣戦は色々楽しいんですよね(ノ∀`*)

と、言うわけで…
今日は戦スキル『フレイムスラッシュ』についてっ(*´ω`*)
あの燃焼効果の発現率について。。。

           ✞      ✞      ✞

【トクシン&第13楽章(対モンス)】

遠距離の敵に使用できる。持続が長い(25秒~)
命中はDEX依存(トクシン)、必中(第13楽章)
トクシンは爆弾を消費。第13楽章は一部の敵にはキュアポイズンで解除される。
威力は敵の残存HPに比例。
威力は抜群(トクシン:10%/2秒 第13楽章:6%/1秒)
ただしCONが10の倍数になるごとに軽減される。(第13楽章はCON20ごと)
つまりCON120以上の敵には、現在HPの0%の計算になり無効。(1ダメージ)
また敵の残りHPが最大HPの10%未満でダメージを与えない。
トクシンは敵のHITdownのおまけ効果あり。(HIT-30)
スペル優位性はトクシン<第13楽章

トクシンと第13楽章は効く相手にはやたら強く、雑魚多数を相手にする状況ならフレイムとは比較にならない合計ダメージを与える。

敵のHPが多い天上3次4次やヘルシオンの雑魚に有効。
敵の数が多ければ多いほど1匹あたりを倒す時間が逆に短くなるほど。

CON値のせいでボス系には無効のことが多いけど、
ヘルシオンのマカイラや鏡から召還されるデススピには有効(CON81)
また、チアハープのステAll-10効果により、毒効果を上げることができる。

他の毒については、過去記事【考察~毒スキルについて~】の記事参照。


【フレイムスラッシュ(対モンス)】

正面の敵1体にのみ使用できる。持続が短い(8秒)
スキル自体の命中率は物理攻撃命中率、発動率はSlv依存
威力は敵の残りHPに比例。
もともとの効果が小さい(2%/2秒)
さらに1回の炎上あたりのダメージ上限9999までで、それ以上はカンスト。
敵のCON値や残りHPに関わらず、ありとあらゆるすべての敵に常に効果がある。
全ての毒と共生する。

フレイムは敵のCONによらずに効果があるけどもともとの効果が弱いので、特に強いと感じられるのはトクシンや第13楽章が効かない敵でかつACが硬くてHPの多い敵の場合。(=いわゆる異次元ボス系に多いパターン)
具体的にはヘルシオンのデススピやボス、3次Dのボス、千里レピのボス、MC1~3のボス、異次元ボスなどに対して強いと感じられる。(デスエイアグには毒有効 CON80台 だけど)

4次Dの結界はCON40台なのでローズ(2秒ごとに現在HPの8%)+第13楽章(1秒ごとに現在HPの4%)がめちゃくちゃ効くけど、HP1065000 AC-98と硬くてHPが多い敵なのでFスラも有効。
ボス以外の雑魚相手でも、最上級のダンジョンでは敵のHPが多いのでツバメのかわりに混ぜた方が早く倒せる場合が多いかな。

Fスラの重要性を良く知らない人が多いんですが…
剣戦のコンボにおいてフレイムは常にツバメとの選択になるので、使うべきかどうかは敵の硬さや残りHPなど、刹那の判断。

パワセ(アタキャン)→ツバメorフレイム→居合い(アタキャン)→ツバメorフレイム(燃焼中はツバメ)

例えばMC1の敵のような瞬殺できる敵相手ならツバメの方が優れる。
そして一番の問題は炎上が発生しなければツバメより弱いだけになってしまうので、
SLvを鍛えて発動率を上げなければ実戦の重要な場面では使い物にならないこと。

というわけで、大変長らく稼働していない倉庫の戦を動かして…
Slvと発動率の関連を調べてみることにしたっ(ノ*゚▽゚)ノ ウォォォォォン

さぁ頑張ってくれっ(ノ∀`*)

条件 フレイムスラッシュSLv64 対象はサラセン案山子
MISSは除いて1000回当て、そのうち燃えた回数を記録。

結果
燃焼効果発動した 451回
燃焼効果発動せず 549回

理論値…42%
観測された発動率は45.1%
統計的誤差が生じるため、この辺は誤差の範囲内。

フレイム1回あたりの発動率の目安としては(SLv×2/3)%が目安として良さそう。



Fスラを覚えたての人にちょっと協力してもらった。

条件 フレイムスラッシュSlv20 対象はサラセン案山子
MISSは除いて150回当て、そのうち燃えた回数を記録。

結果
燃焼効果発動した 22回
燃焼効果発動せず 128回

理論値…13.3%
観測された発動率は14.7%
こちらも統計誤差があるため、範囲内。

とりあえず矛盾はしない結果。

この計算式で考えるなら、SLv99まで鍛えたときの予測発現率は66%

現在のSLv64で42%なので、鍛えてもあまり変わらないようにも見えるけど、
例えば3回フレイムを入れて燃える確率を考えてみると

1回当たり発動率が42%の場合 3回以内に燃える可能性は81%
1回当たり発動率が66%の場合 3回以内に燃える可能性は96%


燃焼効果発現率が低いとツバメ>Fスラなため、Slv99だとFスラの真価を遺憾なく発揮できそう。
ただし燃えている敵に対してはツバメを使うことになるので発動率が上がるほど狙って鍛えるのが難しくなります。

WIKIに載っている、パワストの効果発現率も(Slvx2/3)%で計算されているみたい。
魔のエンチャントアームとか、修のネリチャギなどはどうなんだろう(´ー`)
スポンサーサイト
アスガルドランキング アスガルド・ブログ
12:48  |  フレイムスラッシュ燃焼発現率  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。